輝く未来をめざして~熊本市議会議員 原口亮志の公式ホームページ

市政報告

  • HOME »
  • 市政報告

原口りょうじ市政報告

毎年、日頃の活動をまとめた「市政報告 風林火山」を発行しています。次の各号をご覧いただけます。

平成31年1月 市政報告 第10号

熊本地震から2年8ヶ月、市政始まって以来最強の試練に立ち向かっております。被災からの復興はいまだ道半ば、議会の責任が厳しく問われていると肝に銘じております。そのためにも、財政の健全化と議会改革が急務と考え、「万里一空」前進あるのみ!  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●熊本市の課題
    <本市の財政力>
    <2040年問題>
●議会改革
    <兼業禁止、議員除籍処分>
    <のど飴騒動>
●行政視察、陳情
    <植木バイパス>
    <日台交流>
●地域交流
    <正院神社祭り>
    <新春の集い>等

平成30年1月 市政報告 第9号

熊本地震の課題と教訓を踏まえ、地域防災計画を全面的に改定。危機管理体制の強化に加え、仮設住宅被災者の自立支援サポートの充実が急務となっています。

そのような中、全国の注目を集めることとなった不当要求への対応は、市執行部・議会の在り方を厳しく問われるものとなりました。災害復興の対応と並行して、本年、心新たに、この不名誉な事案にも毅然と対処し、さらに精進してまいります。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●日台交流
●ドイツハイデルベルグ姉妹都市訪問
●植木中央公園、植木駅周辺整備等
●行政視察
    <福島市議会>
    <東京消防庁>
    <植木バイパス陳情>
●地域交流
    <ふれあいサロン>
    <校区運動会> 等

平成29年1月 市政報告 第8号

熊本地震は、過去に例を見ない甚大な被害をもたらしました。この度の地震において、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今後は、市民、地域、行政が一丸となり、新しい熊本市の再建はもとより、世界に誇れる熊本型の復興の実現に向け前進いたします。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●熊本地震による財政影響
    <各省庁への要望活動>
●3月3日、議会一般質問
    <熊本城ホール予算案>
    <市民病院建て替え問題>
    <耕作放棄地>
    <3号線渋滞緩和>
    <植木駅周辺整備>等
●一年の主な活動
●自助・共助と行政の課題

平成28年1月 市政報告 第7号

本市だけの問題ではありませんが、少子化・高齢化問題に直面し、増え続ける扶助費やインフラの維持費に予算の多くを費やし、さらなる財政運営の適正化を図らなければなりません。

このようなことから、執行部は国保料改定や都市計画税率の引き上げをにおわせています。その前に、国保料に関しては、収納率向上に向けた努力を厳しくチェックする必要があります。

今後の議員活動は、大都市の抱える問題について、正面から対峙し、市民生活向上のために邁進してまいります。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●熊本城ホール「マイス施設整備計画」
●国会議員への要望活動
    <小中学校のエアコン設置要望>
    <中心市街地再開発事業・河川改修に関する要望>
●予算決算締めくくり総括質疑
    <今後の農業政策>
●本市財政の大きな課題
●一年の主な活動
●多核連携都市推進協議会(立地適正化計画)

平成27年1月 市政報告 第6号

熊本市長選挙が行われ、3名の候補者がそれぞれの政策をもって激突いたしました。結果大西一史氏が新市長に当選され、今後の本市が抱える様々な課題(子育て支援・地域福祉・花畑再開発等)に全力で取り組んでいかれるものと期待しています。

また、地域の抱える問題も同時に重要であると考えます。熊本市が合併町と交わした約束事である新市基本計画は、執行済額+H26年当初予算ベースで平均63%と、概ね順調であると考えます。

しかし、地域間格差は本市にとっても大きな問題であり、政令市に過疎の地域があってはならないと思います。この過疎化の進行を食い止めるための新たな政策も新市長と共に真剣に取り組んで参ります。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●国政選挙を終えて
●MICE計画
●国会議員への要望活動
●一般質問(6月12日)
    <熊本市の農業>
    <いじめ対策>
    <過疎化対策>
    <男女共同参画について>
●一年の主な活動
●インドネシア・マレーシア視察

平成26年1月 市政報告 第5号

昨年末に体調を崩し、大変ご迷惑をおかけしました。市政報告が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。今後は健康管理にも留意し、初心忘れることなく、「融和」の心を大切に市政発展のために精進いたします。 【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●MICEの建設
●自民党市議団として市長へ要望
    <北熊本スマートインター>
    <3号バイパス>等
●熊本市と合併に伴う新市基本計画の進捗状況
●農業問題
●植木地区の消防体制
●一年の主なあゆみ
●私の大きなテーマ≪債権管理の一元化≫

平成25年1月 市政報告 第4号

政令市がバラ色ではありません。自分達でできることは自分達で、それでもできなければ協働の力で、最後が公的支援です。そのために、地域には融和の心が不可欠であると思います。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●消防1区1署体制
●九州北部豪雨災害について
●一般質問
    <マイナンバー制度の導入>
    <保険料と今後の方向性>
    <水道料金の設定>
    <1区1署体制について>
    <警察署の北区設置について>
    <本市農業政策と課題>
●行政視察
    <上海事務所開設>
    <ベトナム・ハイズォン省>
    <シンガポール市場>等

平成24年1月 市政報告 第3号

東日本大震災の復興の第一歩は融和の心から始まりました。そこから生まれた言葉が「絆」です。街づくりに大切なものは、この融和の心であると信じます。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●自民党市議団に会派入り
●教育市民委員会の副委員長に就任
●一般質問
    <財政のあり方(償却資産税)>
    <少子高齢化対策>
    <防災対策>
    <環境問題>
    <消防水利>
    <農業政策>
    <農産物の駅>
●行政視察
    <全国市議会議長会研究フォーラム>他
●新市基本計画の進捗状況
    <体力・健康づくり拠点整備事業>
    <田原坂資料館改築事業>
    <農産物の駅建設計画>

平成23年1月 市政報告 第2号

平成20年富合町、22年城南町、植木町が合併して人口72万8千人の都市になり、平成24年4月1日の政令市実現に向け船出をしました。本格的少子高齢化への対応、更には低迷する経済への対策が迫られるなか、本市の果たすべき責任は極めて重要であると考えます。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●12月本会議、死ぬ気で登壇(一般質問)
    <農業問題>
    <消防の管理体制>
    <不登校問題、緩衝区域設定等>
    <介護保険事業>
    <植木病院>等

平成22年8月 市政報告 第1号

先の市議選におきまして市政の場へとお送りいただき、感謝の中で日々貴重な経験をさせていただいております。最初のころは何度も議会棟で迷子になりながら、悪戦苦闘のなか議員として第一歩をふみだしました。

また、いろんなところから声をかけていただき市民の皆様の声を聞かせてもらっております。まずは大変遅くなりましたが、今日までの市政報告を兼ねて、近況などをお知らせすべく筆をとらせていただきました。

いきなり「風林火山」という見出しで驚かれたと思いますが、尊敬する武将は、即答で「武田信玄」と若いころから答えていたところであります。今自分のなかでは「いくさ」の最中につき、信玄の旗印の風林火山でスタートさせていただきました。

現在地域の皆様に色々と声をかけていただき、勉強の機会を与えてもらっています。まさに、粉骨砕身の毎日です。農業の問題は基より少子高齢化、福祉施設の問題、山は嶮しく高くそびえていますが、今後もできることから一歩一歩前進していきます。  【原口亮志】

↑クリックすると拡大表示します。

【内容】
●区割りで議会混乱「6月議会」
●新市基本計画
    <体力・健康づくり拠点整備>
    <田原坂資料館改築>
    <物産館の建設>
●新幹線全線開業
●県からの事務権限移譲「平成22年7月31日現在」

お気軽にお問い合わせください TEL 096-288-3334

リンク

アクセス

 

原口りょうじ事務所/所在地
〒861-0136
熊本市北区植木町岩野266-5
柚井ビル2-201

PAGETOP
Copyright © 原口りょうじ公式ホームページ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.